2009年07月08日

親として子供の安全を守るために意識していること

 電波を使った機器が現在多数使われている社会です。自分の子供のころは、大体のものは、ケーブルを通して通信などのやり取りをしていたので、気にしませんでしたが、現在では、普段から電波にさらされています。このため、発ガン作用などの健康への被害が懸念されている電磁波の世界に子供のころからさらされているのは、少なくても体にはよくなく、私たち親も、何か対策をしてあげないとと思います。子供の将来の為にも...。身近なもので、現在だと、携帯電話やPHSでの通話やメールなどが電波を使ってやりとりしているものですが、
電磁波をまったくなくすことは難しいのが現状です。でも、減らすことはできるはずだと思うし、ウィルコムでもその考えがある会社だということが調べてわかりました。また、「THINKキッズPROJECT」を行っていて、子供たちのためにウィルコムならではの、子どもがいるかた向けのうれしいプランや情報をたくさん発信してるのもうれしいことでした。
 ウィルコムの電話機の場合、SAR値とよばれている人体頭部に吸収される電波の平均エネルギー量が他の携帯電話と比べると低く、日本の安全基準値2.0W/Kgを大幅にクリアしているそうです。なので、医療機器への影響が少ないため、全国の病院などの医療機関や福祉施策の現場で導入されている位低いそうです。低電磁波なので子供も親も安心してウィルコムのケータイを使えると思います。
 健康にやさしい、低電磁波のケータイを使おうとウィルコムの携帯を使おうと思いますしみなさんも試しに使って見ることをお勧めします。

posted by けんちゃん at 10:30 | Comment(0) | 宣伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。