2009年07月09日

選挙の年と私の独り言

 すこしまじめな話を書いてみます。
 今年は、選挙の年と言われています。(私の住んでる所では)実は、地域の経済の低下もこれに起因している所があると思います。大企業なんかは、経団連とかの会があるので、政府に物申して、エコポイントとかの仕組みなどで、購買意欲を促して収益にできます。それに比べて、地域又は地方のお店なんかは、陳情などをするところは県や市です。陳情するにあたっての団体は、その地域の業界団体になっていると思います。
 県知事や市長は、政党の支持をもらって当選している人が多いし、私の県も事実そうです。
 国政で、自分の立場を守ろうとして今、永田町はボロボロになっていますが、早く選挙でもやってきめてほしいと思います。公共事業は、地方にとって重要です。人口減少で地域の消費は減っています。デフレであろう現状のおかげで、買わない、物が売れない、給料が下がるという現象にエコによりさらに拍車がかかって買わない。地元の会社が生活していくためには、公共事業などがあり、民間の仕事が潤滑よく回らなければ、倒産していくところは、いくつも出てくると思います。大きいとこばかり見ないで、小さい所をもっとよく見てほしいと思います。高い給料もらって働いているのだから...。公共で働いている皆さん!!
posted by けんちゃん at 08:37 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。