2009年05月28日

天才シリーズ 逃げる羊に喜劇の真髄を見たチャップリン!

 チャップリンは、ロンドンの貧しい家に生まれた。父は飲んだくれで、母は栄養失調から発狂するような生活だった。
 彼はさまざまな呼び方をされる。天才、ケチンボ、ユダヤ人、売国奴、アナキスト、女たらし、偽善者、孤独。そのどれもが彼の一面だし、すべて費やしてもチャップリンは語れない。ただ、喜劇役者としては、彼は間違いなく天才だった。
 少年時代、チャップリンはロンドンの貧民窟で、と殺場へいく途中に逃げ出した一匹の羊を目撃する。大人たちが羊を捕まえようと大騒ぎする。滑ったり転んだり、みんなで笑いながら羊を追い掛け回す。羊はやがて捕まり、首を切られる。
 この光景が、少年チャップリンの胸に焼きついた。悲劇の中に喜劇があり、喜劇の中に悲劇があることを、チャップリンはこのときはっきりと知る。後年の彼の映画の原型は、このときの体験が無意識のうちに生かされているのだ。
 どんなに名声を集めるようになっても、チャップリンは絶望と隣り合わせだった。映画の封切初日には、けして映画館には近寄れずに、一人で町をさ迷い歩いたという。彼はいつでも、大衆に期待し、また大衆を恐れていたのだ。
posted by けんちゃん at 09:00 | Comment(0) | 天才シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

小説書くなら!読むなら!ネット小説SNS - dNoVeLs

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
      小説書くなら!読むなら!ネット小説SNS - dNoVeLs
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
dNoVeLs(ディーノベルズ)は“快適な小説ライフ”を
応援するネットワーキングサイトです。
小説投稿サイトとSNSの機能を兼ね備えています。

小説の投稿・コメント送信・お気に入り小説本棚管理・キーワードタグ
PDFダウンロード・コミュニティ・ノベ友機能・メッセージ送信・
ランキング・・・・様々な機能であなたの小説ライフを応援します!

小説書くなら!読むなら!ネット小説SNS - dNoVeLsがおすすめ!!
→ http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1HWBT4+G2Q42+1V6C+61JSJ







posted by けんちゃん at 08:27 | Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三国志 第一計 天を騙して海を渡る

 遼を攻めたとき、天ではなく帝を騙して海を渡った唐の
せつ仁貴」の故事に拠るというが定かでない。ふだん見慣れたことは見過ごしやすいので、それを利用する兵法をいう。
 「三国志・呉書太史慈伝」に北海の太守孔融が黄巾の管亥包囲されたとき、母親が世話になっている孔融を救うため、太史慈は密かに城に潜入し、無理に突破しようとせずに、従者に的を持たせて城門を出ると、驚く敵を尻目に堀の中で弓の稽古をはじめ、終わるとまっすぐ城に入った。はじめは警戒していた敵も、毎朝ともなると誰も気に留める者も無くなった。そこで、次の朝、馬に飛び乗り鞭を当てると包囲網を突破して駆け抜け、敵が気づいたときには、すでに通り抜けて数人を射殺していたので、誰も後を追おうとする者はいなかった。太史慈は平原国へ行き、劉備を説得して精鋭3千を率いて駆けつけ包囲を解いて孔融を救った、という話があります。
posted by けんちゃん at 08:12 | Comment(0) | 三国志 三十六計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カレンダーは昔、金銭出納帳だった!!

 カレンダーはどこの家でもないというのが珍しいくらい私達の生活になじみ深いものになっていますが、本来はこのカレンダーは、金銭出納帳のことだったのです。
 カレンダーという言葉は英語ですが、もとはといえば、カレンダリウムという金銭出納帳を意味する言葉から出たものです。
 さらに源を探ると、月の第一日、ついたちを意味するカレンダエが、カレンダリウムの語源というわけで、古代ローマ人たちは、毎月、月の初めに金銭の貸し借りの仕切りをやっていたことがわかります。
 このように、カレンダーは暮らしのなかで最も大切な金銭の出入りを覚えておくための、メモであったようです。となると、銀行のサービスで暮れになると必ずカレンダーを用意しているのも、まさに語源とぴったりです。
posted by けんちゃん at 07:44 | Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚式の「角隠し」はなんのおまじない?

 婚礼に花嫁が角隠しをするのはなぜかというと、女性はしっとに狂うと角がはえて鬼になるといわれてたためのようです。つまり、鬼になるのを防ぐ呪(まじな)いとして、寺に参る際に頭にかぶせたのが、花嫁の角隠しの由来というわけです。
 同じような花嫁のかぶり物に綿帽子がありますが、こちらはもともとは、寒さをしのぐための女性用の帽子であったのがすたれ、婚礼用のものが今日まで残ったものです。
posted by けんちゃん at 07:33 | Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大きいサイズをステキにするプリーツ服!

業界で初めての「大きいサイズ」へのプリーツの取り組みをしています。
ふくよかな女性から、いつもよりもずっと痩せて見えて、着心地が良いとお喜びいただけるお洋服をお届けしています。

オーダーメイドなので、大きいサイズだけではなくあらゆるサイズの女性に、スリムに見えて、ざぶざぶ洗える軽いプリーツ服の便利さがご満足いただけてご愛用されています。

リピート率は80%を超えるほどで、紹介されたことに感謝の声が続出するご提案をさせていただいています。

ホームページのご感想などを簡単なアンケートにお答えいただくことでご参加いただける、無料のマンスリープレゼントもあります。
プレゼント商品は、高級素材のスカーフやショールの、お使い物にしても恥じないだけのお品物や、お得なお買い物券をご用意し、女心にご納得いただける確かなものです。


一生物の買い物をしたと、絶賛していただける私のご提案は、丁寧な縫製技術と、お客様のニーズに合わせて細かくお直しもする、心添わせる仕事への姿勢が、何度も重ねてオーダーいただけることにつながっています。

縫う人間が、お客様と直接サイズやデザインなどについて意見交換をして、お届けまで完全に一貫して私自身が行っている生産体制です。

職人として、生涯をかけた品物作りをするために、命を吹き込む私の仕事は、大量生産で流れ作業の中で生み出される品物とは、全く異なる、しっかりした商品であることが価値だという信念にたって、日夜精進しております。


イッセイミヤケのパリコレ用のサンプルを縫製する、最先端のものを請け負って8年の間、イッセイミヤケの企画室のスタッフと直接取引をし、どのように縫ったらいいのか技術的な面を支えていました。他大手の有名メーカーの展示会用のサンプルなども請け負い、プリーツの他フォーマルドレスや、カジュアルも縫ってきましたが、遠距離でエンドユーザーのそれぞれのサイズに添える商品は何かと考えたときに、プリーツの形が一番着やせ効果が高く、またクリーニングが全く不要で、軽くて便利であることから、プリーツのオリジナル商品を開発することにいたしました。

どうぞよろしくお引き立てくださいませ。心と絶対的な技術でで勝負する商品です。


大きいサイズ 婦人服


大きいサイズ 婦人服
posted by けんちゃん at 07:22 | Comment(0) | 婦人服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コサージュとボレロで簡単ドレスアップ!!

日焼け防止にも冷房対策にも使える
小さくコンパクトにまとめられるポーチがついたパーティボレロ
いろんな洋服が満載です。


パーティーボレロ
posted by けんちゃん at 07:11 | Comment(0) | 婦人服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。